HOME | 当事業について

平成31年度和歌山県チャレンジド工賃水準倍増事業
実施要綱

1 事業の目的

この事業は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成 17年法律第123号)第5条第1項に規定する障害福祉サービス事業(同条第7項 に規定する生活介護及び同条第14項に規定する就労継続支援を行う事業に限る。)を 行う施設及び同条第27項に規定する地域活動支援センター(以下「障害者就労施設」 という。)における工賃・賃金の向上を図るための取組を推進し、もって障害者が地域 で自立して生活することを支援するものである。
 

2 実施主体

この事業は、和歌山県が社会福祉法人、民法第34条の規定により設立された法人 (社団法人及び財団法人)又は特定非営利活動法人等であって、適切な事業運営がで きると認められるものに委託するものとする。
 

3 対象となる障害者就労施設

(1)就労継続支援A型事業所(経営改善計画書若しくは賃金向上計画を和歌山県若し
くは和歌山市に提出している事業所又は和歌山県が認めた事業所)
(2)就労継続支援B型事業所
(3)生活介護事業所(生産活動を行っている場合)及び地域活動支援センターのうち 、「工賃向上計画」を作成し、積極的な取組を行っており、工賃の向上に意欲的に 取り組む事業所について和歌山県が認めた事業所
 

4 事業の内容

チャレンジド工賃水準倍増事業の事業内容については、次のとおりとする。
(1)工賃・賃金向上コーディネーターの配置
地域性や障害者就労施設の特色に応じた個別の相談に加え、企業・農業者等と 障害者就労施設間の連携を促進するための支援を行い、障害者就労施設の工賃・ 賃金の向上を図る。
具体的には以下のアからクの支援を行う。

    • ア 経営内容や作業内容を把握し、工賃・賃金向上に向けた支援策の検討、 企画や調整
    • イ 企業や農業者等の訪問や各障害福祉圏域自立支援協議会就労部会に出席し、 ニーズや課題の把握を通じて、障害者就労施設の業務受注の開拓支援
    • ウ 障害者就労施設の自主製品の販路開拓支援や施設外就労の開拓支援
    • エ 企業や農業者等との業務取引に関する調整
    • オ 共同受注に係る取組を効果的に推進するための企画や調整
    • カ チャレンジド工賃水準倍増事業業務全体の企画や調整
    • キ 大規模イベントでの販売や大量の作業の受注等、障害者就労施設単独では 実施困難で、広域での複数障害者就労施設の共同実施がより効果的である各 種事業の企画や調整
    • ク 次の(2)から(6)までに記載された事業の企画、調整及び運営を行う。

(2)障害者就労施設職員の人材育成(生産活動への企業的手法の導入)のための研修等に係る事業
障害者就労施設の職員を対象に、商品開発や販売戦略、生産効率向上のための 企業的手法の導入等に係る研修会を開催する。
具体的には以下のアからウまでの内容とする。

    • ア 直接処遇職員を対象に営業技術や販売技術の強化を図る。
    • イ 障害者就労施設の経営者や管理者を対象に障害者就労施設の経営や運営の意識改革を図る。
    • ウ 工賃向上に成果を上げた障害者就労施設の紹介、優良な障害者就労施設の 視察や障害者就労施設間の情報交換を行い、障害者の社会的自立に向けた経 済的支援の意識改革を図る。

(3)工賃・賃金向上アドバイザー派遣事業
専門的技術・知識を持った工賃・賃金向上アドバイザー(以下「アドバイザー」 という。)を障害者就労施設へ派遣して、直接指導・助言を行う。
具体的には以下のアからオまでの分野に関して実施する。

    • ア 商品生産技術(食品加工、品質向上等)
    • イ 販売促進(商品広告、営業技術等)
    • ウ 経営改善(原価計算、経理等)
    • エ 店舗運営(接客技術、店舗デザイン等)
    • オ その他工賃向上のために必要な技術指導及び経営指導

(4)インターネットを活用した県が実施する工賃・賃金向上のための取組等の情報提供次の内容を情報収集して、受託者のホームページで広く情報発信する。

    • ア 障害者就労施設が提供する物品や役務の提供内容
    • イ 官公需の発注情報
    • ウ アドバイザー派遣の案内
    • エ 研修会の案内

(5)展示・即売会及び商談会の開催
展示・即売会を紀北、紀中及び紀南の各地域において定期的に開催し、参加す る障害者就労施設に対して工賃・賃金向上コーディネーターが接客や売り方に関 するアドバイスを行う。
また、消費者ニーズを把握しているバイヤーが参加する商談会を開催し、障害 者就労施設が製造する製品の売り込みや取引の相談を行うとともに、当該製品に 対する評価を得ることにより、販路開拓や品質向上につなげる。
(6)農福連携による障害者の就農促進プロジェクト
農業分野での障害者の就労を支援し、障害者の工賃・賃金の向上及び農業の支 え手の拡大を図るため、障害者就労施設へ農業に関する専門家の派遣による農業 技術に係る指導や助言、6次産業化支援や農福連携マルシェの開催等を支援する。
具体的には以下のアからエを実施する。

    • ア 農業に関する十分なノウハウを有していない障害者就労施設に対し、農業の専門家の派遣による農業技術の指導や助言及び6次産業化への取組支援
    • イ 農業に取り組む障害者就労施設による農福連携マルシェの開催支援
    • ウ 農業に取り組んでいる障害者就労施設の好事例を収集し、他の障害者就労 施設で共有する等の意識啓発
    • エ 農業生産者と障害者就労施設による施設外就労とのマッチング支援

 

5 支援の方針

障害者就労施設における利用者の工賃・賃金向上は、就労支援に対する障害者就労 施設の前向きな意思が必要であり、職員、利用者及び保護者が一致団結して取り組ま なければ実現することができないため、障害者就労施設の主体性を引き出すことに重点を置いて支援する。
また、チャレンジド工賃水準倍増事業により支援している障害者就労施設における 取組の好事例を広く情報発信し、次に続く障害者就労施設の工賃・賃金向上の促進を 図る。


 


和歌山県社会就労センター協議会
一般社団法人 和歌山県セルプセンター
TEL:073-499-6142
FAX:073-498-6980