和歌山県チャレンジド工賃倍増事業は、県下のA型・B型就労支援事業所で働く障害者の工賃を上げることを目標としています。障害者が障害基礎年金と工賃で生活を成り立たせるには現在の県平均工賃16,489円(H28年度)では厳しいといえます。
就労支援事業所の役割として、利用者の安定した生活を支えるとともに、働く仕組みを考え、高い工賃で生活できるようにすることが、事業所と職員の責務です。
今年度、和歌山県セルプセンターが本事業を行うわけですが、組織の総力を挙げて、本事業に取り組みます。

 2月の予定

2月2日(土)

製菓製パン福祉事業所勉強会

2月8日(金)

観音山フルーツガーデン様視察

2月15日(金)

売れるデザインとは何かを学ぶ

2月22日(金)23日(土)

福井県SELP等県外視察研修

2月25日(月)

食品製造に関するリスク管理を学ぶ

 

3月の予定

3月8日(金)

HACCPにどう備えるか

新着情報

2019.02.02

コンポート・ジャム講習

2019.01.21

研修のおしらせ

2018.12.11

12/7 研修

2018.12.06

年末年始の休業日のご案内


 


和歌山県社会就労センター協議会
一般社団法人 和歌山県セルプセンター
TEL:073-499-6142
FAX:073-498-6980